Feed on
Posts
Comments

さて、次期Office群の話が最近ありませんがOffice周りの話、全3回予定

第2回はhttp://artfulplace.net/blogs/try-to-app-for-office-2-for-vs-2012/、第3回はhttp://artfulplace.net/blogs/try-to-app-for-office-3-advanced-touch/からどうぞ

今回は最新のOffice開発モデルであるApps for Officeについて触ってみようかなと

・Apps for Officeってなんだっけ?
もう忘れてしまった方もいるかもしれないので

Apps for OfficeはOffice 2013、次期Office 365(Office Web Apps)、Office Mobile 15.0のクロスプラットフォーム向けの開発モデルとなります
これまでのOffice開発モデルは主にデスクトップアプリケーションのみでWeb AppsやMobileには一切干渉できませんでした

ですがApps for Officeを使えばWeb Apps向けやMobile向けのコンテンツを作成することができます。
このとき開発に使えるのはHTML,JavaScript,CSSなどとなります
これにより既存のWeb開発ツールでOffice向けのコンテンツが作成できます

現在すでにApps for Officeは使用することができある程度アプリケーション?も出てきてきている形です

・なんか前と言ってたこと違う?
使ってみたら今までの認識にずれを感じたのでこんな感じになりました
まあ間違ってないとは信じたい…

・Apps for Office開発するために必要なもの
現在Office 365がプレビュー版で誰でもアクセスできます。これを利用して参戦しましょう

登録はhttp://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/apps/fp179924%28v=office.15%29からやると確実かなと。Office 365のどのエディションかわかりませんでした…(Office 365 Developer Pack Previewって書いてあるけどはたして)

とりあえず登録については画面の指示に従ってください、難しいところはなかったかなーと
(SMSが使える携帯電話が必要です。微妙にストレスたまりますが頑張ってください)

・Napaを使ってみよう
NapaはOffice 365向けの開発ツールです。このNapaを導入することでOffice 365上でApps for Office開発ができます

さっそくはじめましょう
まずOffice 365のダッシュボードにアクセスします

始めたばかりだとプロビジョニングが終わってなくてアクセスできない可能性がありますが(終わった後に一回更新しないといけない) 終わっていたら矢印のアプリをビルドの部分のリンクをクリックします

すると開発者向けのホームに飛ぶのでとりあえずもう一度アプリをビルドの部分をクリックします

Napaが導入されていない場合はNapaをインストールするよう要求するページに飛びます。その後リダイレクトされてNapaのストアページに飛びます。次のような感じです

追加を押すとログインしてないとログインするように言われるのでログインします。ログイン済ませるとアプリを信頼するか聞かれるので信頼するを押します

ここまできたらとりあえずNapaは導入できたので開発者ホームからもう一度アプリのビルドを押してみましょう

サンプルアプリケーションを動かしてみよう
ここでまさかのApps for OfficeがSharePointにインストールできないというすさまじい現象が出て非常に厳しい…

アプリをビルドを押すと上のようなプロジェクト選択画面に移動します

今回はTaskPaneアプリを作りましょう

プロジェクトを作成するとエディタ画面に移動します

ここで何がすごいかというとVisual Studioのエディタが使われてる点ですね
このためインテリセンスが使えますしよく見るとアドインが適用されていますね(?)
(ItalicCommentsとProductivity Power Toolsが適用されているのが見える?)

このためWebブラウザ上でほとんどのことができます。というか本気で作れると思います

さて、これをRunしてみましょう。残念ながらさっきのような事情により私はOffice 2013のほうで実行しました。うまくいけばWeb Apps上で動かせるはずです

ここまで見れたら今回は終わりです。お疲れ様でした
これで自由に遊んでみるといいかなーと思います


さて、Apps for Office試してたらいろいろ知らない情報出てきて焦りまくりだったりです
PowerPointでも動くだと…??

次回はVSTO 2012でつくるApps for Officeです
最終回は適当に応用とかその他

とりあえずこの辺で

(追記:どう考えても記事の順番逆のほうがよかった)

4 Responses to “Apps for Officeを試す その1:導入から実行まで”

  1. […] App for Officeを試す その1:導入から実行まで […]

  2. […] 第1回はhttp://fantasticswallow.mo4ca.net/try-to-app-for-office-1-for-beginning/、第2回はhttp://fantasticswallow.mo4ca.net/try-to-app-for-office-2-for-vs-2012/からどうぞ […]

  3. […] Mobileに対する開発ができるようになりました この辺は前に私が書いたApps for Officeを試す その1:導入から実行まで とかあたりを読んでみると開発者さんとかの足掛かりにはなりそうで […]

  4. […] 第1回はhttp://artfulplace.net/blogs/try-to-app-for-office-1-for-beginning/、第2回はhttp://artfulplace.net/blogs/try-to-app-for-office-2-for-vs-2012/からどうぞ […]